忍者ブログ


中央競馬☆6頭予想

特別・重賞から推奨馬6頭を、独自の抽出法で選んでおります。馬券検討の一助に、ご利用下さい。
検索エンジンからは『 中央6頭 』

[PR]

2020/07/10(Fri)13:29:35




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

トウカイテイオーを偲ぶ

2013/08/31(Sat)18:20:14





8月30日15時30分に、トウカイテイオーが急性心不全のため、

25歳で生涯を終えました。



彼を初めて生で見たのは、皐月賞の時。

「ルドルフの仔にしては、繊細な造りだなぁ」

というのが第一印象でした。


実際、彼の競走馬時代は、何度も骨折に見舞われました。

ダービーを勝った後、春の天皇賞5着敗退後、

最初の有馬記念で11着に惨敗した後…



翌年の有馬記念でレースに戻ってきた彼。

「1年も休んでいるんだし、どうなんだろう?」

と半信半疑で、レースを見ていました。


最後の直線で、ビワハヤヒデが抜け出したと思ったら、

外から彼が猛然と脚を伸ばしてきました。


その時の写真です(現場で自分が撮ったものです)。

(画像をクリックすると、1024×768で表示します)




ゴール前にいなかったので、これが精一杯でしたが、

ビワハヤヒデを猛追している姿が、撮れていると思います。

(当時の仲間内に好評で、けっこう焼き増し依頼がありました)


ひっそりと彼の単勝馬券を忍ばせていましたが、

馬券の本線は他馬を買っていて、そちらは外れましたが、

馬券を抜きにして嬉しかったです(号泣していました(笑))。


その後も現役続行を予定していましたが、4度目の骨折で引退。

(東京競馬場での引退式も行きましたが、写真が見つからず…)

彼の競走生活は、ケガとの闘いでした。



種牡馬になってから、3頭のG1ホースを輩出しましたが、

残念ながら彼の後継種牡馬はいません。


現在はバイアリータークの血筋が、殆ど絶えてしまっていて、

寂しい限りなのですが、これも時代の流れなのだろうと思います。



父シンボリルドルフがきっかけで、競馬に興味を持つようになったので、

思い出に残っている1頭。彼の冥福をお祈りします。



拍手[6回]

PR

No.32|話題コメント(0)Trackback

コメント

コメント記入欄
お名前
タイトル
メールアドレス
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字