忍者ブログ


中央競馬☆6頭予想

特別・重賞から推奨馬6頭を、独自の抽出法で選んでおります。馬券検討の一助に、ご利用下さい。
検索エンジンからは『 中央6頭 』

[PR]

2020/07/10(Fri)12:58:00




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

トウカイテイオーの引退式での思い出話

2013/09/01(Sun)20:14:08





昨日、トウカイテイオーを偲ぶ記事を、

拙文ながらに載せましたが、今回は彼の引退式での思い出話を。



引退式が、東京競馬場で行われた際、現地にいましたが、

不思議と込み上げてくるものがありませんでした。


岡部幸雄騎手を背に勝ったジャパンカップ、

有馬記念を勝った時は嬉し涙、春の天皇賞で負けた時は悔し涙…

彼の現役当時に、充分に泣かせて貰ったからでしょうか(笑)。


幾分、身体つきが立派になっていましたが、

相変わらずの優男ぶりなのを見て、

むしろホッとしながら、彼を見ていました。



当日のメインレースは、オープン特別の東京スポーツ杯。

出馬表には、同期のシャコーグレイドの名がありました。


皐月賞2着を筆頭に、何度か重賞で2着はありましたが、

最後の勝ち星は3歳(現在の2歳)の500万特別が最後。

かれこれ4年近く、勝利がありませんでした。



トウカイテイオーがルドルフの仔なら、

シャコーグレイドはルドルフの1世代前の3冠馬、

ミスターシービーの仔。


実はミスターシービー産駒を追い掛けていたので、

見た目がシービーに一番近いシャコーグレイドは、

お気に入りの1頭でもありました。


「ここで勝たなきゃ、男が廃るよ!」


トウカイテイオーが引退する日に、未だ現役を続けていて、

その日に出走してきた彼。舞台は整ったと思いました。

彼の単複を買って、レースを見守っていました。


道中、殿からレースを進めて、4コーナーでも後方でしたが、

直線で父譲りの末脚を炸裂させて、実に3年10ヶ月ぶりの勝利。


先頭に立った瞬間、涙目(笑)。フィニッシュした時は号泣(爆)。

まさかオープン特別ごときで、嬉し泣きをしてしまうとは…


テイオーを見た時に涙して、シャコーグレイドが勝ったら、

ホッとすると思っていましたが、逆の展開でした(笑)。



その後、翌年の春まで現役を続けましたが、勝つことなく引退。

残念ながら種馬にはなれませんでしたが、乗馬を経て、

現在は岐阜の牧場で、余生を送っているようです。


華やかだったテイオーと比べると、対照的な彼でしたが、

オープン特別で泣かせてくれた、忘れられない1頭です。

25歳なら、まだ若い。テイオーの分まで、長生きして下さい。



余談


東スポ杯時のシャコーグレイドの、単勝と複勝のコピーです。




的中したので換金しています。

複勝が多いのは一瞬、万が一を思ってしまい…(笑)。


コピーはありませんが、枠連も購入して的中しましたが、

こちらも万が一を思ってしまって、タテ目を…(笑)。

拍手[0回]

PR

No.36|話題コメント(0)Trackback

コメント

コメント記入欄
お名前
タイトル
メールアドレス
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字